0円ではじめる3D CAD「123D Design」

アイディアをもとにものづくりをしていくためには、3Dデータが必要不可欠です。このサイトでは、AutoCADなどの図面作成のソフトウェア開発を手がけるAutodesk社の123D Designという3D CADを用いて、3Dデータを作成する方法を実践形式で掲載しています。

3D CADと聞くと敷居が高いように感じられますが、123D Designは無料で利用することができます。前述のAutoCADはプロフェッショナルが使用する3D CADになりますが、123D Designは初心者でも簡単に操作ができる3D CADになっています。無料であるため、当然のことながら、機能的な制限はありますが、むしろ初心者にとっては最適で、最初のステップとしてもってこいの3D CADだと思います。この123D Designで3Dデータ作成に慣れてきたら、必要に応じて3D CADを選んでいければいいでしょう。ホビーユースであれば、123D Designで十分対応できます。

作成された3Dデータの出力方法についてですが、先述したように、3Dプリンタを入手し、自分で出力する場合と個人向けの出力サービスを利用する場合があります。どちらにしても、まずは3Dデータによるものづくりの基礎知識と3Dデータの作成方法を習得することが先決です。3Dデータさえ作成することができれば、3Dプリンタや出力サービスだけでなく、切削加工や射出成形などの製造方法でも応用することができるので、素材等の選択肢も増え、ものづくりの幅が広がっていきます。3Dデータの作成方法を覚えて、MAKERSになりましょう。

無料で本格3D CADをはじめられる

123D DesignはAutoCADなどをはじめとするCADの開発・販売を手がけるAutodesk社が個人向けに開発した3D CADです。123D Designはソリッドモデラーになります。そのため、機械部品のようにしっかりとした寸法から3Dモデルの形状を作成していくソフトになります。

123DDesign

プロ専用のCADであるAutoCADを展開するAutodesk社が手がけたこともあり、123D Designは本格的なCADです。それにも関わらず、無償で提供されており、誰でも入手、利用することができます。これまでCADは非常に高価で、さらに操作も難しいこともあり、個人が簡単にはじめられるものではありませんでした。しかし、123D DesignはそんなCADの敷居を下げるソフトウェアになっています。これから3D CADをはじめる人やプロ用のCADを購入する前のステップとして、非常に最適です。

123D Designの特徴

無償で利用できる

以前、3D CADの価格はおよそ100万円が相場でした。そのため、企業に属するプロフェッショナルの人たちが3D CADを扱い、個人が3D CADを利用することはほとんどなく、ホビーユースなどの個人レベルのプロダクトは生まれませんでした。技術の進歩とともに、あらゆるフェーズの3D CADが登場し、価格帯も個人でも手が出やすくなってきました。そんな中、123D Designは無料で使うことの数少ない本格3D CADです。そのため、3D CADを習得するための3D CADとしても最適ですし、ホビーユースとしても重宝する3D CADです。

ものづくり初心者にわかりやすい機能

もちろん、無償であるため使えない機能があります。しかし、機能が制限されているからこそシンプルで操作がしやすいつくりになっています。機能制限はされていますが、3D CADの基礎は網羅されているため、3Dモデリングを習得するには最適です。

操作性の高いコマンドアイコン

123D Designのコマンド一覧

Autodesk社はアメリカの企業ですし、123D Designは世界中で利用されている3D CADですので、言語はすべて英語です。しかし、コマンド機能はアイコンでわかりやすく表示されているため、初心者でもどのような作業をするコマンドかわかるようになっています。

クロスプラットフォームに対応

これまで3D CADをはじめ、3D CGなどの3DモデラーはほとんどWindowsのみにしか対応していませんでした。123D DesignはWindowsだけでなく、Mac OS Xにも対応しており、オンライン上(ブラウザ上)でも利用することが可能です。機能的に若干劣りますが、iPadなどのiOSにも対応しており、3Dデータの簡単な修正や確認ができます。

また、Autodesk社のクラウドサービスもあり、3DデータやSTLファイルなどのデータを自分が作成したアカウントにアップロードすることができ、クラウドによる管理が可能です。クラウド管理ができることで、Windows、Mac、iPadなど、そのときにふさわしいプラットフォームからアクセスが可能になります。

3Dプリンタ出力に対応

123D Designで作成した3DデータはSTLファイルで書き出すことができ、3Dプリンタに出力が可能です。その他にも、個人向け3Dプリンタ出力サービスを展開するshapewaysがAutodesk社のクラウドサービスと連携しており、123Dのクラウド上で3Dデータを送ることができます。つまり、3Dプリンタがなくとも、shapewaysに3Dデータを送り、出力してもらうことができます。そのプロダクトは郵送され、手元に届きます。クラウド上にアップロードした3Dデータを公開することもでき、他のユーザーとデータを共有することができるのも魅力です。

レーザーカッター出力にも対応

3Dプリンタと同じように、ものづくり革命の一角であるレーザーカッターですが、123D Designには、3Dモデリングした造形物をレーザーカッター出力用にスライスしてくれる機能が搭載されています。このスライスパーツを厚紙や板などに印刷し、レーザーカッターでカット、それらのパーツを組み合わせることで立体物を作成することができます。

Autodesk 123Dについて

Autodesk123D

123D DesignはAutodesk社が展開するソフトウェア123Dの中の一つです。123D Designの他にも、3Dモデリングに特化したソフトウェアがありますので、紹介していきます。

123D Catch

123D Catch

360°あらゆる方向から撮影した写真を組み合わせて3Dモデルを生成するソフトです。Windows、オンライン(ブラウザ上)、iPhone、iPadに対応しています。iPhoneとiPadで撮影した写真をそのまま3Dモデルに生成してくれますし、その写真をWindowsもしくはオンライン上にアップロードして3Dモデルを生成することも可能です。

123D Creature

123D Creature

「Creature」は生き物や動物という意味がありますが、その名の通り、生き物や動物、アニメのキャラクターなど、有機的、生物的造形に最適なソフトウェアです。骨組みから造形をしていきます。粘土で造形していくようなイメージです。iPadのみ対応しています。

123D Design

123D Design

Windows、Mac、iOS、Web、あらゆるプラットフォーム上で簡単に本格的な3Dモデリングができる3D CADです。無償で利用が可能な数少ない3D CADです。

123D Make

123D Make

123D Makeは他のソフトウェアで作成した3Dモデルをスライスしてくれるソフトウェアです。レーザーカッター用の3Dデータ作成に最適です。Windows、Mac、オンライン、iPadに対応しています。123D Make Introとして簡易版がiPhoneでも利用することができます。

123D Sculpt

123D Sculpt

「Tactile(=触覚の、触知できる) modeling」というキャッチコピーの通り、粘土で造形していくように、3Dモデリングしていくソフトウェアです。123D Sculptでは、着色をすることが可能です。iPadにのみ対応しています。

このサイトでは123D Designを習得していく情報を発信していきますが、必要に応じて、Autodesk 123Dのその他のソフトウェアを使っていけるようにしていきましょう。そうすれば、MAKERSとして大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。